読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるプログラマの備忘録

都内某所に住むプログラマが自分用に備忘録を残すという趣旨のブログです。はてなダイアリーから移動しました!

vimrc公開

少しずつだけど
不便がなくなってきました。

補完するか悩んでいますが、だいたいこんな感じですかね?

"-------------------------------------------------
" 基本設定
"-------------------------------------------------
" 文字コード
set fileencoding=utf-8

" ステータスラインを表示
set laststatus=2 "ステータスラインを常に表示

" syntax
syntax on

" 行は出す
set number

" カーソルの上または下に表示する最小限の行数
set scrolloff=5

" カーソル行をハイライト
set cursorline

" 入力されているテキストの最大幅 「0」で無効
set textwidth=0

" バックアップの作成は行わない
set nobackup

" Vimの外部で変更されたことが判明したとき、自動的に読み直す
set autoread

" スワップファイルの作成は行わない
set noswapfile

" 保存しないで他のファイルを表示することが出来るようにする
set hidden

" バックスペースでインデントや改行を削除できるようにする
set backspace=indent,eol,start

" 自動整形の実行方法
set formatoptions=lmoq

" ビープ音 ビジュアルベルを使用しない
set vb t_vb=

"スペースとタブを表示させる
set lcs=tab:>.,trail:_,extends:\
set list
"highlight SpecialKey cterm=NONE ctermfg=7 guifg=7
highlight JpSpace cterm=underline ctermfg=7 guifg=7
au BufRead,BufNew * match JpSpace / /

"タグリスト
set tags=tags
let Tlist_Ctags_Cmd = "/usr/bin/ctags"
let Tlist_Show_One_File = 1 "現在編集中のソースのタグしか表示しない
let Tlist_Exit_OnlyWiindow = 1 "taglist が最後のウインドウなら vim を閉じる
"let Tlist_Enable_Fold_Column = 1 " 折り畳み
map <silent> <leader>tl :TlistToggle<CR>
let g:tlist_php_settings = 'php;c:class;d:constant;f:function'
"-------------------------------------------------
" インデント設定
"-------------------------------------------------

" 新しい行を開始したときに、新しい行のインデントを現在行と同じ量にする
set autoindent

" 新しい行を作ったときに高度な自動インデントを行う
set smartindent

" <Tab> が対応する空白の数。
set tabstop=4

" <Tab> の挿入や <BS> の使用等の編集操作をするときに、<Tab> が対応する空白の数。
set softtabstop=4

" インデントの各段階に使われる空白の数
set shiftwidth=4

" Insertモードで <Tab> を挿入するとき、代わりに適切な数の空白を使う。(有効:expandtab/無効:noexpandtab)
set noexpandtab

" Insertモードで <Tab> を挿入するのに、適切な数の空白を使う
set expandtab

" 行頭の余白内で Tab を打ち込むと、'shiftwidth' の数だけインデントする
set smarttab


"-------------------------------------------------
"キーマッピング
"-------------------------------------------------
" 十字キーを適応
inoremap <C-j> <Down>
inoremap <C-k> <Up>
inoremap <C-h> <Left>
inoremap <C-l> <Right>