読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるプログラマの備忘録

都内某所に住むプログラマが自分用に備忘録を残すという趣旨のブログです。はてなダイアリーから移動しました!

Cocos2dx JenkinsでビルドしてTestFlightで配布を行うまでの手順 その2

iOSのデバックを行う際には年間8,400円のiOSデベロッパー契約が必要になります。

この方法色々な所で非常に親切に説明していただいていますので、
参考ページへのリンクと、自分がはまったところの解説を合わせて行いたいと思います。

1,プロジェクトの作成
2,iOS Developerアカウントの作成
3,Provisioning Profileの作成
4,実機への確認テスト
5,Homebrewのインストール
6,gitインストール
7,githubアカウントの作成
8,リポジトリの作成
9,ソースをリポジトリへpush
10,Jenkinsのインストール&設定
11,Jenkinsでのビルド
12,TestFlightのアカウント作成
13,デバイスの登録
14デバイスの追加

前回の記事で5実機のテストができるようになりました。 ただし、まだUSB接続しないとデバックする事はできません。

5,Homebrewのインストール

Homebrew — OS X用パッケージマネージャー
一番下のコマンドを打つだけです

※注意点
・HomeBrewはmac portsと競合しますので
mac portsをインストールしている場合先にアンインストールしておくと良いです。

6,gitインストール

ターミナルから

$ brew install git

...snip

$ git --version
git version 1.8.3.

問題なくインストールできるはずです

7,githubアカウントの作成

https://github.com/:github公式
アカウントの作成を行います

8,リポジトリの作成

f:id:raharu0425:20140416002718p:plain

名前は適当にHelloWorldとでもしておきます。

f:id:raharu0425:20140416002730p:plain

特に問題なくリポジトリの作成ができると思います。 結果ページを開いたままにしておきましょう。

f:id:raharu0425:20140416002932p:plain

9,ソースをリポジトリへpush

1,プロジェクトの作成 で作成したプロジェクトフォルダの直下に移動します。

~/Desktop/HellowWorld$ ls -la
total 24
drwxr-xr-x  11 raharu  staff   374  4 16 00:33 .
drwx------+ 58 raharu  staff  1972  4 16 00:33 ..
-rw-r--r--   1 raharu  staff    23  4 16 00:33 .cocos-project.json
-rw-r--r--   1 raharu  staff  4339  4 16 00:33 CMakeLists.txt
drwxr-xr-x   6 raharu  staff   204  3 17 10:24 Classes
drwxr-xr-x   6 raharu  staff   204  3 17 10:24 Resources
drwxr-xr-x  13 raharu  staff   442  4 16 00:33 cocos2d
drwxr-xr-x  15 raharu  staff   510  3 17 10:24 proj.android
drwxr-xr-x   5 raharu  staff   170  4 16 00:33 proj.ios_mac
drwxr-xr-x   3 raharu  staff   102  3 17 10:24 proj.linux
drwxr-xr-x  12 raharu  staff   408  4 16 00:33 proj.win32

このフォルダ直下で

$ git init
$ git add ./
$ git commit -m "first commit"
$ git remote add origin git@github.com:raharu0425/HelloWorld.git
$ git push -u origin master

これでリモートリポジトリにソースがあがりました。

f:id:raharu0425:20140420134806p:plain

githubで確認します、こんな感じで上がっていれば問題ありません

今日はこれまで、次回にはJenkinsとTestFlightの設定を行います