読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるプログラマの備忘録

都内某所に住むプログラマが自分用に備忘録を残すという趣旨のブログです。はてなダイアリーから移動しました!

(お部屋探し、引っ越し時)にネット環境で注意する事

今回5年住んだ家から引っ越すことになり
現在進行形で四苦八苦しています。
まだ引っ越しは完了していないんですけど、これまでにあったもう少し
あの時考えておけばよかったということを書いていきます。

まずは新居を決めるときにはネット回線の種類を見極めよう。
マンションで4階建以上の場合、ホームタイプ回線を契約することが基本的に出来ません。
なのでどうしてもマンションタイプに甘んじることになってしまうのですが、
その時にマンションタイプの配線方式を聞いておくことをお勧めします。

VDSL方式
xDSLの一つ。1対の電話線を使って通信する。ADSLと同じ非対称速度型であり、
伝送速度は電話局→利用者方向(下り)が13Mbps〜52Mbpsで、利用者→電話局方向(上り)が1.5〜2.0Mbps。
最大伝送距離は300m(下り52Mbps)〜1.4km(下り13Mbps)。
集合住宅などで建物内の電話回線網を利用して高速な通信サービスを提供する場合などに利用される。
その際、高速性を生かすために外線(建物から電話局までの回線)に光ファイバーを組み合わせることが多い。

参考にさせていただきました VDSLとは

・光配線方式
良い資料がなかったです。がROMった結果要は各戸に
一本線を引いている感じということです。
なのでVDSLのように分割せずに一本まるっと使うことが出来ます。

出来れば光配線方式のマンションだといいですね。
又は4階未満のお部屋を探すか。。

もしも今使っているプロバイダーが使用から2年以上たっていたら違うところに乗り換えよう。

理由は簡単安くなるからです。
よくソ○マップとか行くとa○ひかりとかBフ○ッツとかの勧誘のお姉さんがいて
可愛いから話を聞いてみようかなーと思った瞬間に後ろから代わりの説明員(男)がやってきて
ものすごくガッカリというのはよくある話ですけど、新規契約は色々と特典が付くので、
引っ越しの際に契約継続するより、2年以上たっていれば一度解約して、新規で契約したほうがお得です。
ネットからの契約だと11カ月プロバイダの料金が無料とか、
新しいPCを購入する予定があればこれを機に割り引いてもらうのもいいかもしれません。

プロバイダは選ぼう。

最近P2Pの不正利用なんかが問題に取り上げられているけど、
そのせいでネットゲームをしているだけで稀に帯域制限に引っ掛かるなんて報告を
目にしました。
自分らネットがないと死んでしまうので、帯域制限やプロバイダのバックボーンなんかは気を使いたいところです。

以下のサイトがとても参考になります。
ISP規制情報
自分は元々@○COMだったのを今回O○Nにしました。

間違ってもUP10Gで制限かけられるようなプロバイダにはいかないように。

利用停止、利用開始は一カ月前には連絡を。
利用停止には回線の撤去工事とルーターの返却が、
利用開始には回線工事とルーターの設置が必要です。
最低でも一カ月前に連絡しないと最悪数日ネットが使えない状態に陥ります。
これは恐ろしい。。
なので出来れば数日間契約をかぶらせておいたほうが無難ですね。

以上注意する点ですね。もしも複数の高出力PCを使っている場合は電気とかの契約内容の変更が必要かも知れません
最近大体30Aだから大体大丈夫ですけど。
昔の我が家は20Aという心元無い電力事情でしたので(汗