読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるプログラマの備忘録

都内某所に住むプログラマが自分用に備忘録を残すという趣旨のブログです。はてなダイアリーから移動しました!

iOS6から使用可能になったWeb Audio APIを試す

某プラットフォームのiOSの音声がならずいろいろ試行錯誤してみた結果
この方法でなるようになったので一応備忘録

処理のフロー的にはこんな

1,ページが開かれる
2,対象の音声をロード
3,Web Audio APIが使用できるかのチェック
iOS6から使用が可能
4,XMLHttpRequestでmp3ファイルをバイナリで持ってくる
5,デコード
6,「再生」ボタンを押す
7,ロードしてる音声ファイルを流す

という流れになります。


sound.js

$(document).ready(function() {

    /**
     * @component
     */
    var context;
    var sound_buffer = null;

    //onLoad
    window.addEventListener('load', init, false);

    /**
     * 初期化
     *
     **/
    function init() {
        try {
            context = new webkitAudioContext();
            ///urlはmp3ファイルヘのパス
            loadSound(url);
        } catch (e){
            //iOS5以下はアラート
            alert('Please increase the version of iOS');
        }
    }

    /**
     * 音声読み込み
     *
     **/
    function loadSound(url) {
      var request = new XMLHttpRequest();
      request.open('GET', url, true);
      //バイナリデータ
      request.responseType = 'arraybuffer';

      request.onload = function() {
          //デコードを行う
          context.decodeAudioData(request.response, function(buffer) {
              //デコードした音声データを変数に入れる
              sound_buffer = buffer;
          });
      }
      request.send();
    }

    /**
     * 再生ハンドラ
     *
     **/
    button.addEventListener("click", function(){
        var source = context.createBufferSource();
        source.buffer = sound_buffer;
        source.connect(context.destination);
        source.noteOn(0);
    }, false);

});


これの前まではnew Audio()で音声を再生していたのですが、
Audioはかなりmobile Safariの制約がつらい。。

おそらくこの方法はこれからすたれていくと思われるので
iOSのwebアプリを作る場合はWeb Audio APIを使用した方がよさそうだぬ。。

後はリファクタリングして終わりだ!長かったぞー